アクセラセダンのマフラー!おすすめ情報

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラ・セダン 必要性

アクセラセダンに限らずマフラーはどんな車にも装備されています。
引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/
アクセラスポーツや排気量の大きな車では、比較的大きなカッコいいマフラーが搭載されています。
アクセラスポーツのような車でマフラーを出すことはスポーティさを強調する手段の1つであると思います。
一方でアクセラセダンの場合は、マフラーが下向きになっており、見えづらいものとなっています。
最近のマツダ車は「魂動」デザインにより、スタイリッシュで、躍動感あるものになっており、アクセラセダンの場合、セダンの上品さを表現するために、マフラーはあまり強調しないようになっているのかも知れません。
引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/design/
一般的に、マフラーを交換するケースとしては、経年劣化により、マフラーが錆びてしまった場合や、中間パイプが曲がってしまった場合、あるいはパイプに穴が開き、排気漏れをしているケースが挙げられます。
それとも別に、ドレスアップやチューニングとして、見た目や性能、音を良くするために交換するといったケースも挙げられます。
実際にマフラーを交換すると、テールエンドのデザインや素材が純正品と大きく異なるため、見た目の変化があります。
マフラーを交換することにより、真円やオーバル、デュアルなど、マフラーを交換したことがクリアに分かるようになるのが、特徴です。
さらにマフラーを交換することにより、中間パイプの太さやレイアウトを効果的に変更することで、パワーアップやトルクを向上させることができ、走行が楽に感じることができます。
ここからは、マフラーのついて詳しく見ていきたいと思います。
マフラーとは、車の排気管の一部になります。
マフラーはさらに個々の部品に分解することができ、それぞれの役割があります。
個々の部品の中でも、重要なものが、エグゾーストマニホールドと呼ばれるものになります。
これは、エンジンの各気筒から排出されるガスを集中させて、触媒に送り込む役割を果たしています。
形状であったり、集合させる方法を4-2-1といいますが、これによりパワーやトルクであったり、レスポンスの特性をも変化させることができます。
また、触媒とは、エグゾーストマニホールドから流れてきた排気ガスを洗浄するものになります。
そして、触媒で洗浄された排気ガスをサブサイレンサー、メインサイレンサーに導くパイプがメインパイプになります。
このメインパイプの形状や太さにより、パワー、トルク、レスポンスが変わってきます。
サイレンサーは排気ガスを消音する装置になり、マフラーで大事な役割を果たすものになります。
パイプが太いと、高回転時のパワーが重要視され、パイプが細い場合は、低中回転時のトルクや、レスポンス重要視になる傾向になります。
引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/
マフラーの役割の1つとして消音効果があります。
車のエンジンから排出される排気音を、周囲に散らさないように、消音する機能があります。
最近の車は、マフラーが見えづらい状態にあることや普段あまり気にしない方もいるかもしれません。
マフラーはリアバンパーの下にあるボコボコ太い筒状のものから、排出されています。
エンジンから、排出される高温高圧の排気ガスが外に排出されると、急速に膨張してしまい、大きな音の原因となってしまいます。
これは温度や圧力を下げることにより、排気騒音を軽減することができ、マフラーの役割の1つになります。
具体的に、排出口の手前にマフラーを備え、マフラー内にある複数の部屋を排気ガスが段階的に通過し、膨張させることで、騒音の発生が抑えられます。
スポンサーリンク

アクセラ・セダン メリット・デメリット

マフラー交換のメリットとしては、マフラーを選べる点が挙げられます。
マフラーもモノにより素材が異なりますので、純正品で装備されているよりもサビに強いステンレス製、インコネルや軽量で高強度のチタン素材のものもあり、これらのマフラーに交換することで、見た目やマフラーの音の違いも変わってきます。
他のメリットとして、マフラーを交換することで、車を性能を向上することができます。
ドレスアップ目的で交換する人もいるかと思いますが、一方で、排気効率を求めてマフラー交換する人もいます。
マフラーを交換するだけでも、排気効率は確実にアップし、燃費にも貢献するケースもあります。
引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/mechanic/
ドレスアップ目的の場合、マフラーの形状にも種類があり、真円形状のものや楕円形状のもの、ツインテールやシングルテールなどのものがあり、交換するだけで、カッコ良くなります。
と同時に、マフラーの奏でるマフラー音を楽しむこともできます。
先に記載の通り、マフラーは消音効果があるために、マフラーを換えれば、当然ですが音も変わってきます。
ここまでメリットについて見てきましたが、マフラーを交換することで、デメリットもあります。
マフラーを交換することのデメリットとして、やはり音が大きくなることが挙げられます。
夜間に住宅密集地などで車を使用する場合は、ご近所迷惑となるのは必須です。
また、排気効率を狙った場合の交換は、単にパイプ形状を太くしただけのものもあり、排気が抜けてしまい、中低速がカラカラになる可能性もあります。
他にデメリットとしては、マフラーは交換することにより、車検に通らなくなってしまうリスクもあります。
 引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/support/contact/
マフラーは道路交通法と道路運送車両法の2種類が関係しています。
道路交通法の場合、行為に関しての注意事項についてふれているのに対して、これらの具体的基準を定めているのが、道路運送車両法になります。
道路運送車両法30条に騒音防止についての記載があります。
車検の検査では、定常走行騒音が85db以下とされているので、通常であればそこまで気にしなくても問題ないレベルになります。
後付けマフラーでは、性能等確認済表示というものがあり、この表示があるものは問題なく、車検がクリアできるということになります。
また日本には、JASMA(日本自動車スポーツマフラー協会)というものがあります。
引用:https://www.mazda.com/ja/innovation/technology/env/
これは、スポーツマフラーを安全かつ快適に使用できる環境を整えるために、保安基準を上回る独自の基準を設けています。
そのため厳しいJASMA基準をクリアした商品にのみ、 認定証明書を発行しており、この認定を受けたマフラーは車検を通すことができるようになっています。
スポンサーリンク

アクセラ・セダン おすすめマフラー

アクセラセダンに合う代表的なメーカーとして、オートエグゼ、柿本改などがあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/accessories/

アクセラセダンのオーナーとして、やはりマフラーが見えないために交換するといったケースが多いようです。

オートエグゼ製マフラーの場合、一般的な純正品に比べ、口径も大きくなっているため、見た目はかなりインパクトあるものになります。

音に関しては、音が純粋に大きくなるというよりは、低音成分がちょっと太くなる、響くというイメージに近くなります。

柿本改のマフラーの場合、見た目は、とにかくカッコ良くて、上品なものとなっています。

音に関しては、オートエグゼ同様に音が大きくなるというよりは、音の質が良く、重低音なサウンドを響いてくるというものになります。

音に関しては、やはりマフラーを交換することにより、低音のゴーッとしたしっかりとしたサウンドが社内にも響かせてくれるようです。

アクセラセダンの場合、純正品マフラーが見えないがゆえに、マフラーを交換することで、自分の愛車がカッコ良くなることはいいと思います。

一方で、交換することによるマフラー音に関しては、くれぐれも注意をしましょう。

 

 

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク