アクセラセダン 新型!情報まとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラ・セダン新型スペック

2018年11月27日にアメリカ・ロサンゼルスモーターショーにて、4代目となるマツダの新型「マツダ3・(日本名:アクセラ)」が発表されました。

引用:https://www.mazda.co.jp/

マツダ3・(日本名:アクセラ) は、2003年にデビューしてから、多くの注目を集めてきました。

マツダ3・(日本名:アクセラ) (以下アクセラ)は、2017年4月~2018年3月の世界販売でcx-5に次ぐ第2(44万2173台)となっており、マツダの世界戦略車という位置づけになっています。

新型アクセラですが、ネーミングが「アクセラ」から「マツダ3」に変わると噂されています。「マツダ3」は現在、海外で使用されているネーミングですので、「日本名:アクセラ」と統一されるということになりそうです。

そもそも、アクセラの前身のモデルとして「ファミリア」があります。

    引用:http://www.mazda.com/ja/innovation/stories/greatcar/familia/10/

ファミリアは国内のコンパクトが好まれるという状況を鑑みて、全幅1700mm以下の5ナンバーサイズに収めていたが、アクセラというネーミングになって、欧州標準の3ナンバーサイズへと変わりました。アクセラは、3ナンバーサイズへとなり、魂感のある、立体的なフォルムに生まれ変わり、走りも欧州仕様で、マツダの大黒柱となる存在になりました。

現在のマツダのコンセプトは、「be a driver 車を運転する楽しさ」を問うていますが、当時のマツダのコンセプトは、「zoom zoom スピリット 子供の頃に感じた動くことへの感動」というフレーズの基、誕生しています。

ここから、新型アクセラのスペックを見ていきます。

まずは、新型アクセラセダンの外観ですが、新世代の「魂動」デザインの基、鮮やかなプロポーションとなっており、モデルチェンジの度に魂動デザインが深まってきているという印象を感じます。

引用:https://www.mazda.co.jp/

 

内装面では、運転時の視界の妨げにならないように、スッキリと配置がされています。

シートはレザー調で、高級車さながらで、上品なものになっています。

現行のアクセラ同様に、ペダルはオルガンペダルを採用しており、スポーティーな仕上がりになっています。

マツダコネクトはハイスペックなハードウェアを使用し、インターフェイスも刷新しています。

現行のマツダコネクトに関しては、「使いにくい・地図の性能が良くない」などという声があったっため、マツダ陣営もマツダコネクトに関しては、かなり力を入れたものになっています。

新型アクセラには、量産型世界発採用の圧縮着火エンジン「スカイアクティブX」が搭載されます。

スカイアクティブXですが、現在詳細はまだ発表されていませんが、マイルドハイブリッドシステムの組み合わせになります。

マイルドハイブリッドにより燃費が向上し、シフトをチェンジする際にトルクの谷をモーターアシストで滑らかにするため、走行面でも寄与します。

スカイアクティブXは、圧縮着火という技術を世界で初めて実用化し、搭載しています。

通常のガソリンエンジンの場合は、圧縮し、スパークプラグによる着火が必要になります。

一方、マツダといえば、得意分野でディーゼルエンジンがありますが、特徴として、圧縮することにより、合気全体を同時に自己着火させることが挙げられます。

スカイアクティブXとは、両者の違いに着目し、自己着火するガソリンエンジンとなっており、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンのそれぞれの長所を備えているという特徴があります。

ガソリンエンジンの場合は高圧縮すると異常燃焼が起きやすくなり、一方でディーゼルエンジンの場合は低圧縮にすると、着火しにくくなるというデメリットがあります。

性能面では、ガソリンエンジンの場合は、環境性能に優れている面、ディーゼルエンジンの場合は、力強い走りが可能といったメリットがあります。

スカイアクティブXエンジンは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンのメリットを生かしつつ、デメリットは補完するといったことを行い、環境性能は良く、パワフルな走りを実現するエンジンということになります。

スカイアクティブXエンジンですが、燃費も大きく改善されています。

現行のスカイアクティブDエンジンと比較して、燃費が20~30%改善とされています。

圧縮着火することにより、従来のガソリンエンジンと比較すると、効率の良いギア比選択が可能となっており、これが優れた燃費に貢献してくれたいます。

さらに新型アクセラには、次世代車両構造技術である「スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャ」が採用されます。

スカイアクティブ・ビークルアーキテクチャとは、人が意識せずに歩くことが可能なように人間が歩く時のバランス力をモデルに、車体とシャッシー、シートを総合的に見直して、設計したものになります。

新型アクセラの日本デビューは、2019年とされており、発売が待ち遠しいモデルになります。

スポンサーリンク

【アクセラ・セダン】旧型スペック

現行のアクセラセダンのボディサイズですが、4580mm×1795mm×1455mmとなっております。(全長:全幅:全高)

燃費についてですが、各グレードによって差がありますが、17.8~21.6km/Lとなっています。

アクセラセダンの外観ですが、魂動デザインの基、美しいプロポーションの中に、どこか落ち着いた印象を与えるような構造になっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/?car_id=axela-sedan

イメージカラーはやはりソウルレッドとなっており、塗料にまぜるアルミフレークを一定の方向に揃えて配置することにより、塗料面が反射せず、日本刀に近い鮮やかな光を演出しています。

インテリアについてですが、マツダの目指す「人馬一体の走り」を追求するように配置されています。

シートカラーはグレードによって、ホワイト・ブラックがあり、ホワイトの方がより高級感を演出しています。

もちろん、シートアレンジは多彩なもので、乗車の人数や、荷物の量に応じて、アレンジ可能ですので、利便性が高いものになっております。

安全面においては、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポートにより、前方の歩行者や先行者をカメラで検知して、自動ブレーキを作動します。

また前後の誤発信抑制機能など充実した安全装備がついています。

スポンサーリンク

アクセラ・セダン年式比較

新型アクセラのボディサイズは、4662×1797×1445mm(全長:全幅:全高)と現行モデルのボディサイズ 4580×1795×1465mm(全長:全幅:全高)と比較すると、全長は82mm延長され一回り大きなサイズになっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/

昨今の車はどちらかというと、コンパクトに設計される傾向があるため、マツダは世の中の意に反し、挑戦しています。

現在日本含め世界的にはSUVブームであり、セダンの人気はどちらかというと薄れていますが、マツダの新型アクセラセダン発表後は多く方が魅了されています。

現行のアクセラセダンと比較しても、類を見ないデザイン力であり、このセダンならば、もう一回セダンに乗っても良いかなという印象を与えてくれます。

中でも、セダンの醍醐味と言えばやはり横からの美しさがポイントの一つとなりますが、新型アクセラの場合は、フロントノーズがやや長めとなります。

新型アクセラでは、リアコンビネーションランプは、丸目2つとなっています。

また、マフラーは左右で1本ずつ出しており、現行のアクセラと比較すると、格が上がっており、ハッチバックに劣らず、人気が出そうなモデルになる予感がしています。

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク