アクセラセダン 15S MT スペックまとめ運転のしやすさは?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラ・セダン MTスペック

アクセラセダンの場合、ガソリン車モデルに対して、MTの設定があります。

日本で発売されている車の実に9割がAT車となっており、MT車の設定があること自体、貴重になりつつあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

最近の車のほとんどは、オートマチックトランスミッション(AT車、オートマ)で、マニュアルトランスミッション(MT車、マニュアル)の車はあまり見かけなくなりました。

以前は、MT車がメインでしたが、自動車メーカー各社の技術の進歩などにより、運転が簡単なAT車が市場の殆どを占める様になりました。

MT車の場合、渋滞している道や上り坂でのクラッチ操作などは、MT車の運転に慣れていない人は、つらいものがあるかも知れません。

そういったことが、MT車離れが加速してきた要因のひとつになります。

警察庁によると、現在、免許の比率は、MT・ATの両方が運転できる人と、AT限定免許の人の割合は、5対5となっているそうです。

会社の営業車両でもほとんどがAT車のケースが多いですし、仮に免許自体は、MTも運転できるとしても、MT車を運転する機会がなく、必要性を感じないことも理由の1つかも知れません。

また、今後、ますますハイブリッド車や電気自動車(EV)のようにギアを使わず、モーター出力のみで、トルクを制御することが可能なシステムを供えたクルマが増えてくると予想されるため、MT車の需要がなくなり、MT車自体が貴重な存在となりうる可能性もあります。

ここから本題ですが、アクセラセダンMTスペックは、1.5Lのみ設定となります。

アクセラセダン1.5Lの場合、15C、15S、15Sプロアクティブ、15S L パッケージの4種類があります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

15Cの場合、 エントリーモデルとなり、タイヤは、205/60R16のスチールホイールを標準で装備しており、ライトは、ハロゲンヘッドランプになります

また、15Cグレードを含む全てのグレードにおいて、エンジンをかける際は、キーレスプッシュスタート式となっていますので、とても便利です。

安全装備では、アドバンスSCBSやハイビームコントロールシステムのHBCなども標準装備されており、エントリーモデルにしては充実した装備となっています。

15S以上の場合、タイヤは、205/60R16インチのアルミホイールになります。

ヘッドライトに関しても、LEDランプをメーカーオプションで選択可能、あるいは標準装備に変わります。

15S以上は、オートライトも標準で装備なので、オート機能にしておけば、自身でヘッドライトの調整は不要になり、消し忘れ等も防ぐことができます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

内装に関しても、ステアリング箇所やシフトノブ、パーキングブレーキにも、本革巻きが採用されており、質感が上昇しています。

15S プロアクティブ以上になると、運転席シートの位置を自分のドライビングポジションに設定することができる機能がオプションで選択or標準装備となります。

一方、15S Lパッケージともなるとシートもレザーになりますので、より高級感ある仕様になっています。

アクセラセダンMTの乗り味は、アクセルペダルを踏み込んだ際のエンジン回転の上昇は、ゆっくりなので、スポーツカーさながらのキレキレ感はないですが、シフトチェンジはスムーズにしっかり入るので、運転が楽なモデルとなっています。

こんな運転が楽しいアクセラセダンは、15Cモデルで182万からとなっており、この値段からMTの楽しさを味わえます。

また、15Sの場合でも195万と200万を切るため、お買い得のモデルになります。

アクセラセダンのMTの場合、通常スポーツカーのような場合は、ギアを入れっぱなしにして減速する際は、車がもたついて、エンストしそうになりますが、アクセラセダンの場合はそのようなことを感じさせません。

シフトアップを行い加速し、またまたシフトダウンといった当たり前の動作さえも運転を行っていると、アクセラセダンMTの良さを感じ取れる仕上がりになっています。

スポンサーリンク

アクセラセダン ATスペック

アクセラセダンATの場合ですが、ガソリン車は、MT同様に15C、15S、15Sプロアクティブ、15S Lパッケージの4種類があります。

ディーゼルモデルの設定もあり、こちらは、15XD,15XDプロアクティブ、15XD Lパッケージ、22XD,22XD Lパッケージの5種類があります。

ガソリン設定のモデルの場合、MT車とスペックは同様になります。

ディーゼルモデルの場合、中間グレードに位置する1.5XDプロアクティブが、装備・値段的にもオススメになります。

1.5XDプロアクティブの場合、LEDヘッドランプや16インチホイール、スマートブレーキサポートやレーダークルーズコントロールがメーカーオプションで選択可能となっており、充実しています。

1.5XD Lパッケージでは、シートがレザーになっており、質感もワンランク上のものになります。

また、アクセラセダンの2.2Lモデルには、アクセラセダンで唯一、4wdの設定があることや、対向車が眩しくないといったグレアフリー機能も付いています。

走行面に関して、アクセラセダンのディーゼルATは、特に運転しやすいモデルになります。

アクセルを一度踏むと、ディーゼルの気持ち良いエンジンサウンドが響きますし、ディーゼルエンジンの力強い走りを感じることができます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

ディーゼルエンジンは一般的にノイズ等が問題となりますが、アクセラセダンの場合、静粛性が高いこともあってか、実に気持ちの良い音だけを感じ取ることができます。

またATの場合は、スポーツモードのスイッチがあり、高速道路走行時には、ONにすることで、ストレスフルに運転を行うことができます。

スポンサーリンク

アクセラセダン 比較評価まとめ

既に記載の通り、アクセラセダンのように、MT車の設定は、貴重な存在です。

日本では、貴重な存在となっていますが、世界的にはそうではありません。特に、欧米の場合は、MT車に乗る人が4割と言われています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/#axela-sport

MT車に乗る理由は、「MTの方が、運転が好きだから」「MTでこそ、自分が車を運転している感じがある」といった理由かもしれません。

確かに、MTの方がクラッチをつないで、トルクフルに跳ねるように前に車が出るダイレクトな感触はMTの醍醐味になります。

また、マツダ アクセラの場合は、欧州市場での定評がある車になりますので、MT設定は無くすべきではない、無くしてはいけないといったマツダの考えがあるのかも知れません。

一方ATが良いという人の理由として、MTで渋滞等が続く場合など、クラッチ操作で足が疲れるため、MTは嫌だということから、ATを選ぶ人もいるかもしれません。

また、マツダの場合、売りがディーゼルタイプになりますので、ディーゼルの吹け上がりはスムーズですし、その感触が快感だという人もいます。

これらのように、AT,MT共に良さがあり、人によって重視するポイントも違うかと思いますので、AT,MTどちらも試乗して、乗り味を確かめてみるのも良いかも知れません。

 

 

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク