アクセラセダン 15S スペックまとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラセダン 15Sスペック

魂動デザインによる美しいプロポーションが売りのアクセラセダンであり、数々の定評があります。

アクセラセダン外観と言えば、フロントから、リアへの流れるようなシルエットが何とも言えません。

美しく、いつまでも眺めていたいと思わせるようなボディです。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/?car_id=axela-sedan

そんなアクセラセダンですが、アクセラセダン15Sには、ガソリン車とディーゼル車の2つの設定があります。

ガソリンエンジンの場合、一番ベーシックなグレードである、15C~15S L Package があります。

ディーゼルエンジンの場合、15XD~22XD L Package があります。

また、アクセラの場合は、福祉車両の設定もあります。

15Sのスペックですが、15Sの場合、ガソリン車モデルの中では、上級グレードに位置するものになります。

インテリアとしては、とてもシンプルに配置されており、飽きのこない仕上がりとなっています。

また、シートに関しては、ブラックを基調としたものになっており、しっかりと身体を包んでくれるものになっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

エンジンとしては勿論、スカイアクティブが搭載されており、Gベクタリングコントロールなるものも搭載されています。

Gベクタリングコントロールとは、マツダの提唱する「人馬一体」実現のため、ドライバーの微小なハンドル操作時でも応答性を高めてくれるものになります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

ハンドルを曲げれば、当たり前のことと思われれる方もいるかも知れませんが、このGベクタリングコントロールは微少なものに関しても、反応してくれるものになります。

実際の道路を走行している際は、ドライバーは、ハンドルを握っていますが、道路の凸凹やうねりの影響を受けて、ハンドルは、微妙にずれるため、ドライバーは絶えず軌道修正しています。

人は、無意識にこれらの行為を絶え間なく、行っているため自分では気が付かないかも知れません。

Gベクタリングコントロールは、このような微少のハンドル操作にも応答し、ドライバーの無意識に行っているハンドル操作の回数を減らし、ドライバーの負担を軽減するというものになります。

マツダの目指す「人馬一体」の答えの1つであると思います。

アクセラセダン15Sのその他の装備になりますが、タイヤは、205/60R16を装着しており、ハロゲンヘッドランプを装着しています。

ハロゲンヘッドランプは、メーカーオプションで、LEDヘッドランプに変更することができるため、予算に余裕があるならば、変更することをオススメ致します。

オートライトは、新型車については、2020年4月以降に発売となるクルマ、継続生産車については、2021年10月から義務化されることになっていますので、(メーカーオプションに変更することで、オートライトシステムは付帯されている)変更したいものです。

実際の夜間走行時にも、ハロゲンランプに比べると、LEDヘッドランプの方が、周りを照らす範囲も拡大しますし、安心することができます。

また、ハイビームコントロールシステムというものもあります。

これはFSCというカメラを使い、ハイビームとロービームを自動で切り替える装置になっています。

某自動車メーカーが一時期CMで、この技術について放送していたこともあります。

あまり知らない人も多いかも知れませんが、法律的な話では、日本の道路運送車両法によるとハイビームで本来走行しなければ、違反となるというふうになっています。

つまり、日没になり、夜間走行するときは、歩行者や対向車がいるとき、他の車両の後ろを走行するとき以外は、ハイビームで走行するのが原則であり、対向車、歩行者がいる場合のみロービームにするというのが本来の形であるということになります。

しかし、実際にはそのようにしている人は少なく、ハイビームで走行していると、対向車からパッシングを受けたり、昨今ではライトが眩しいうんぬんでトラブルに発展するケースもありますので、注意が必要になります。

スポンサーリンク

アクセラセダン 15S乗り心地

ここからは、アクセラセダン15Sの乗り心地について、見ていきたいと思います。

シートに関しては、先に記述の通り、ブラックを基調としている落ち着いたものになります。

座った感じは、しっかりとドライビングが行える姿勢にさせてくれます

アクセラセダン15Sの場合、たとえ大人4人を乗せていてもまったくトルク不足を感じさせません。

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactivg_skyactivd/01/

むしろ、加速させていくと、エンジン音がスポーティで気持ちいいぐらいの乗り心地となります

また、アクセラセダンの15Sグレードの場合は、ディーゼルエンジンの15XDよりも90キロ程軽くなっています。

ディーゼルエンジンの場合、車両の重量が重くなりがちになります。

一般的に、車の重量が軽いということは、燃費が良い、乗り心地は悪くなると思いがちですが、そうとも限りません。

燃費について、昨今の車は、どの自動車メーカーも車両の軽量化に取り組んでおり、昔の車と比べると、だいぶ燃費面でも向上してきていると思われます。

しかし、実際には、昔よりはむしろ今の車の方が、車両は重くなってきているものもあります。

最近の車では、安全装備や車両の衝突時でも大丈夫なボディの採用などによる影響もあります。

このように各社自動車メーカーは取り組んでいますが、特に強いこだわりがあるのは、マツダ車になります。

マツダは、強度を落とすことなく、板厚を薄くすることに取り組んでいたり、フレームの形状を最適化するなど、企業努力が垣間見れます。

乗り心地に関しては、車両が軽いから乗り心地が悪いとは限らず、サスペンションやタイヤ、ホイール、車体剛性、シートなども大事になってくるため、車体が軽くても、それらバランスがよければ、乗り心地は悪くはありません。

アクセラセダン15Sの場合は、これらもしっかりと抑えてきているため、乗り心地は悪いどころか、気持ち良い仕上がりになっています。

スポンサーリンク

アクセラセダン 15S加速性能

アクセラセダン15Sの場合、一言で言って、非常に上品な加速を感じることが可能な車だと思います。

アクセラセダンのオルガン式ペダルは、より繊細なアクセルコントロールができるものであり、走り出しもスムーズなものになっています。

引用https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactivg_skyactivd/01/

このアクセラセダンの場合は、アクセルペダルを軽く踏み込むだけでスムーズに車が走りだしてくれるが、ペダルを踏み込んだ、その反応が本当に素直で、ドライバーの考えを車がくみ取ってくれるような印象を与えてくれます。

ここでも、マツダの言う「人馬一体」とはこのことかと実感することができます。

アクセルを少し踏むと、ナチュラルサウンド音が響きながら、気持ち良く50km/hまで加速してくれます。

排気量以上に余裕を感じますし、ストレートは非常に安定しています。

当たり前ですが変にハンドルを取られることはなく、先に記述のGベクタリングコントロールの影響もあるかもしれません。

車体の走行安定性やエンジンサウンドの良さ、ボディ剛性の強さなど様々な要素が作用して、アクセラセダン15Sの加速感を実現しているものと考えられるが、その完成度はとても高いものになっています。

走行時に感じることができる「エンジンサウンド」であるが、静粛性が高いこともあってか、実に気持ちの良い音だけが室内に響いてきます。

とても洗練されていると表現するのが良いかも知れませんが、そのサウンドから、エンジンが非常にスムーズに回転していると実感することができるほどになります。

繰り返しですが、走行時の室内に響く上質なサウンドと共に加速していくフィーリングは、とても気持ちの良いものになっています。

一般的にマツダはディーゼルで定評がありますが、エンジンの完成度や走りの上質面でも、この15sはかなりの出来であると思います。

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク