アクセラセダン ディーゼル 1.5L スペックまとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラセダン ディーゼル1.5L スペック

アクセラセダンのディーゼルには、1.5Lモデルと2.2Lの2種類があります。

ディーゼル1.5Lから見ていきたいと思います。

アクセラセダン1.5Lの場合、15XD、15XDプロアクティブ、15XD L パッケージの3種類があります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/

1.5Lの場合、 1番ベーシックなグレードになりますが、アクセラセダンの場合、装備は充実しており、タイヤは、205/60R16のアルミホイールを標準で装備していますし、夜間走行安心なLEDヘッドランプも、装備されています。

また、LEDミラーウインカーなども装備されているため、交差点の右左折時には、フェンダー部分に装着されているタイプウインカーよりも、視認性が増すので、歩行者や他の車に伝えやすくなり、結果安全にもつながります。

また、LEDが多く採用されていることから、省電力にも貢献しています。

安全装備では、アドバンスSCBSやハイビームコントロールシステムのHBCなども装備されています。

内装に関しても、ステアリングやシフトノブ、パーキングブレーキまでにも本革巻きが採用されており、シート材質もクロス素材のものとなっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

アクセラセダン1.5Lの場合、値段が200万円前半からという値段の割には、装備が充実しており、コストパフォーマンスを求める方にオススメのグレードとなっております。

一方、アクセラセダン1.5XDプロアクティブの場合、外装面では、1.5XDと同様にLEDヘッドランプや16インチホイールとなっています。オプションにて、18インチへも変更可能です。

安全面に関しては、後で記述のスマートブレーキサポートやレーダークルーズコントロールがメーカーオプションで選択可能となっています。

メーカーオプションで、後付けは不可のため、悩まれる場合もあるかと思いますが、予算に余裕があるならオススメします。

内装面は1.5XD同様の、ブラックシートで素材はクロスのもととなっています。メーカーオプションで、後で記述のパワーシートやシートヒーターも選択可能となっています。

以上によりアクセラセダンの中でも中間グレードに位置する1.5XDプロアクティブは、メーカーオプションにより、装備の選択が可能となっているのものが多いため、予算と相談しながら、アレンジ可能なグレードになっています。

最後に、1.5XD Lパッケージの外装では、他のグレード同様に、LEDヘッドランプが装着されていますし、フォグランプにもLEDがついています。

タイヤサイズは18インチのアルミホイールとなり、ダーク塗装が施され、見た目も高級感ある仕上がりになっています。

 

安全面では、15XD Lパッケージの場合、スマートブレーキサポート&レーダークルーズコントロールが標準装備となります。

これは、レーダーにより前方の車との速度間や車間距離を認識し、自動で走行速度をコントロールする仕組みになります。

そのため、高速道路の高速走行時などは、ドライバーがアクセルやブレーキの操作を行わなくても、あらかじめ設定した速度で車間距離を自動で調整してくれ、ドライバーの負担を軽減する便利な機能になります。

1.5XD Lパッケージの内装面では、シートがレザーになっており、見た目、座り心地も高級車さながらのものとなっております。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/interior/

レザーシートには、パワーシートがついており、自分のドライビングに合合わせた、シートの調整が可能となっているほか、シートヒーターもあるため、冬などは重宝しそうです。

1.5XD Lパッケージの場合、1.5Lディーゼルエンジンの中では、上級グレードになっているため、内装の質感、見た目なども他グレード以上の上質な仕上がりとなっているのが特徴になります。 

スポンサーリンク

アクセラセダン 2.2L 比較まとめ

 アクセラセダンの2.2Lには、XDプロアクティブとXD Lパッケージの2種類があります。

装備にかんしては、1.5XD Lパッケージとそこまで大差ないですが、2.2XD Lパッケージには、電動スライドガラスサンルーフがついています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

サンルーフを開けると明るい光が差し込んできて、気持ち良いドライブを演出してくれます。

また、1.5Lのモデルとの相違点として、アクセラセダンの2.2Lモデルには、i-activ-awdと呼ばれる4wdの設定があります

一般的に4WDとなると、燃費が悪いという印象を持つ方がいると思いますが、マツダの場合は、違います。

一度冬の北海道の道を想定してください。

AWDの場合、通常走行時には、前輪駆動で走行を行い、滑る路面や、加速が必要な時には、後輪にも駆動力を伝達するという方式になります。

常に4WD走行をしないことから、スタンバイ4WDと呼ばれます。

雪道での走行は、注意しながら運転すると思われますが、特に雪道の登坂での停止や発進は避けるというのが普通です。

普通に考えれば当然のことかもしれませんし、雪国の方は、普段から雪道を走りなれていることから、運転には自信があるかもしれません。

このような状況下では、大半の車はスリップしてしまうシーンが浮かびますが、アクセラセダンのAWDの場合、発進時に一瞬滑る程度で、スリップすることなく、登坂を上ることができます。

アクセラセダンを検討されている方は、一度試してみるのも良いかもしれません。

さらに、2.2xdの場合、グレアフリーと呼ばれる、ハイビームにしても、対向車が眩しくないといった機能も付いており、アダプティブLEDヘッドライトがついており、夜間の走行時でも、安心して走行することが可能になっています。 

スポンサーリンク

走行性能比較まとめ

アクセラセダン1.5Lと2.2L共にディーゼルエンジンで、パワフルな走りが売りですが、一般的にディーゼルエンジンの場合、走行中のノイズが気になるという方もいます。

それら、ノイズを軽減してくれるものとして、アクセラセダンの1.5L,2.2Lディーゼルエンジンの場合、ナチュラルサウンドスムーザーというものが搭載されています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/

これは、燃料のタイミングを微妙にずらすことにより、燃焼圧力波による共振を打ち消すことにより、ノック音を低減するというものになります。

この機能により、特にアイドリングストップ時のエンジン音が非常に静かになりました。

これ本当にディーゼルなのか?と思うほど、静かであり、ガソリン車と比較しても、どちらか分からなくなってしまう程です。

走りに関して、高速走行時では、1.5L,2.2L共にアクセルを踏むと、ディーゼルエンジンの力強い加速を体感することができます。

とはいえ、排気量の関係上、やはり2.2Lの場合は、トルクフルで、豪快な加速をしてくれます。

この豪快な加速は、高速道路で本線に合流する際や、追越し車線にて、車を追い越す際には、全くストレスを感じないパワーになります。

街乗りメインでしたら、1.5Lでも十分すぎるものになります。

ディーゼルエンジンの場合、 アクセルペダルを踏んだ分だけ、車は加速してくれますし、思いっきりペダルを踏むと、身体がシートに押しつられ、申し分ない加速をしてくれます。

アクセラセダンの1.5L,2.2Lには、それぞれの良さがあり、味付けもあるので、一度試乗してみて乗り味を確かめてから、購入することをオススメします。

 

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク