アクセラ・スポーツ ディーゼルのリコール情報まとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ 不具合情報

2013年に登場した現行のアクセラスポーツですが、様々な不具合情報や問題も発表となっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

 

そんなにリコールあるのと思う方もいるかも知れませんが、正直、言ってしまえば、完璧な車はありません。

自動車メーカー各社は、車を世の中に出して、多くのユーザーが車を走らせることにより、様々な市場情報があがってきて、これはおかしいから直さないとみたいなことがありますので、そこまで神経質になる必要はないかと思います。

アクセラスポーツの不具合情報としては、i-stopが作動しないといったことがあるようです。

出始めはエンジンが暖まってないためということも考えられますが、ある程度の距離を走行しても、有効にならないといった症状がみられる場合があるようです。

またマツダコネクトのGPS反応の問題もあるようです。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

例えば、高速道路の横の一般道路を走行している場合など、たまにズレるケースはありますが、そもそも車の位置を示す目印が進行方向と逆になったまま、走行などがあるようです。

不具合の状態があまりにも沢山出てくると、後に記述のリコールや、サービスキャンペーンなどに発展する場合がありますが、台数が少ないと、様子見や個別対応といったことになります。

不具合を直す場合、メーカー保証でやってくれるのか、ユーザーが費用負担するのかなどあるかと思いますので、まずはディーラ等に相談してみることが大事になります。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ リコール情報

そもそもリコール制度とは、車を設計・製造するプロセスにて問題があり、自動車メーカーが自身の判断により、国土交通省に事前届け出を行った上で、回収・修理を行い、事故・トラブルを未然に防止する制度になります。

一方で、リコールとは別に改善対策というものもあります。

改善対策とは、リコール届出とは異なり、道路運送車両の保安基準の規定にはないが、不具合が発生した場合に安全の確保や環境の保全上に看過できない状態であって、かつその原因が設計や製作過程にあると認められるときに、自動車メーカーが必要な改善措置を行うものとされています。

さらには、サービスキャンペーンたるものもあります。

サービスキャンペーンとは、上記リコール届出や改善対策に該当しないような不具合のことを言い、商品性や品質の改善措置を行うものをいいます。

このように色々あるわけですが、リコールの場合、基本的に対策を行わないと行けない、マスト的な意味合いがありますので、自分の車がリコール対象となった場合は、最寄りの、ディーラーや整備工場などで、改善措置を行うことが重要になります。

このリコールですが、自動車メーカーにとっては、とても大きな意味合いを持ちます。

その理由としては、2000年代に某自動車メーカーによるリコール隠しなどにより、自動車メーカーのイメージは大きく損なわれ、業界のみならず、社会問題にさえ発展してしまいました。

こんため、昨今は軽微なリコールでも、自動車メーカーは無視できませんし、メーカーの企業イメージ問題にも発展するため、敏感になっているという現状があります。

リコールですが、自分の車がリコール対象なのかどうかは、メーカーのHPで見ることができます。

引用:https://www.mazda.co.jp/

自分の車の車体番号を検索すれば、簡単にリコール対象かどうかを調べることができます。

またディーラー等から、ハガキなどが送られてくることもありますので、そういったことからも判断することができるようになっています。

アクセラのリコールの1つとしては、エンジン吸気バルブスプリングにおいて、そのスプリングの荷重設定が適切でないため、バルブを閉める力が弱く、吸気バルブとバルブシートの間に挟まる煤を押し出すことができず、圧縮不良となり、最悪の場合エンジンが停止してしまうといった内容などです。

このリコールの問題の場合は、吸気バルブスプリングを良品のものと交換することにより、問題を解決するということになります。

その他にも、ディーゼルエンジンにおいて、インジェクタ制御回路の電圧変化によるノイズ対策が不適切なため、当該回路に許容を超える電流が流れることがあり、回路が損傷し短絡することでヒューズが切れ、燃料噴射が停止しエンストに至るおそれがあるといったリコールがあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/

このリコールの場合は、制御プログラムを対策のプログラムに書き換えることにより、不具合を解消させるということになります。

リコールの内容は色々ありますが、これらリコールの改善は大まかに、対策品(良品)に交換すこと、プログラミングを書き換えるの2つに分けることができます

作業内容によりますが、いずれにしても直ぐに作業が終わるとは限らないですし、対策部品の在庫がない場合等もありますので、事前に予約をしてから、ディーラー等に行く方がスムーズに作業してもらえます。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ 不具合のリコール対応

リコールですが、仕事が忙しくて行く暇がないやそもそもしなくていいやという自己判断の方もいるかと思いますが、リコールを放置していると、車検に通らない場合があります。

車検に通らないケースは、国が定めている保安基準をクリアにすることができない重大な欠陥がある場合などになります。

言い換えると、とても危ない車ということになります。

具体的に例を出すと、少し前に話題になった某社のエアバック問題などがあります。

これは、エアバックが異常に破裂してしまうという大変危険なものになりますので、こういった場合は、対策を行わないと、車検が通らないということになってしまいます。

一方で、車検が通るケースは、車検で適用される保安基準に支障がないケースになります。

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/mj-inspection/

それならば、やらなくて良いやと思うひともいるかもしれませんが、

やらなくて良いならそもそもリコールが出ないので、できる限り早くディーラ等に相談する必要があります。

また、不具合の修理ですが、例えば車を知り合いの整備工場から買った、整備も知り合いの整備工場で行っているといったケースもあるかと思います。

ここでも、1つ知っておくべきことがあります。

修理内容によってはディーラに持ち込みしなければならないということです。

例えば、不具合箇所の部品を対策品(良品)に交換するといった内容であれば、町の整備工場棟でも対応することはできるかと思います。

しかし、最近のリコールやサービスキャンペーンでは、プログラミングの書き換えといった内容が多くなってきています。

これらの場合はプログラミングを書き換える専用のパソコンみたいなものが必要になり、それがないとできないケースもあります。

そのため、整備工場等に持ち込んでも、対応してもらえないケースもあります。

さらには、自動車メーカーによっては、そもそもディーラーでないと作業ができないようなケースもあります。

最近の車は様々な電装品なども搭載されてきており、整備が複雑化している理由もあります。

バッテリーを交換するのにも、昔はバッテリーぐらいは自分で交換していたなんて人もいるかもしれませんが、最近はi-stopの設定が絡んできたりと手順に手数がかかったり、複雑化してきているのも事実です。

このように、不具合といっても多様化してきているので、自分の車に限っては大丈夫だろうなどと慢心せずに、最寄りの車屋さんにまずは相談してみることが大事になります。

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク