アクセラ・スポーツ ディーゼル オイル交換まとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ エンジン不良 オイル交換

アクセラスポーツのディーゼルモデルの場合、なんといっても、パワフルな加速が持ち味になります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

なぜ、ディーゼルは加速がそんなに良いのかと言うと、ディーゼルエンジンの場合、ガソリンエンジンに比べて、トルクという車のタイヤを回転させている力が大きいためになります。

また、ディーゼルのメリットとしては、燃費の良いこと、燃料である軽油が安いことが挙げられます。

ディーゼルエンジンの場合、軽油が燃料となるため、ガソリンと比較しても、20円~30円安いため、ランニングコストを抑えることができます。

このようにメリットもありますが、反面デメリットもありますので、これから見ていきたいと思います。

そもそも、ディーゼルとは、シリンダー内で圧縮されて高温となった空気に、軽油を吹きかけることによって、燃焼させるといったものになります。

そのため、エンジン構造上、発生する熱エネルギー交換比率がとても良いので、ガソリンエンジンよりも、燃費が良いことも挙げられます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

ディーゼルエンジンの場合、DPF再生を適切に行うことも必要です。

DPF再生とは、燃焼過程で発生する軽油の燃えカスをそのまま排気ガスとして放出しないように、DPFと呼ばれる微粒子フィルターを通して有害物質を除去していますが、走行することで増え続ける燃えカスに、燃料を吹き付けて、強制的にカスを焼いて除去する処理のことをいいます。

このDPF再生ですが、DPFを高温にしておく必要があり、高温にするためには、一定時間エンジンが稼働している必要があります。

そのため、いわゆる街乗りのようなチョイ乗りを繰り返すと、DPF再生が行われず、燃えカスが除去できず、エンジンにカスが溜まり、エンジンの性能が発揮できなくなり、燃費も悪くなります

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/parts/oil-filter/

また、ディーゼルエンジンの場合、メンテナンス費用は割高になる傾向があります。

その中の1つがエンジンオイル交換になります。

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/parts/oil/lineup/

ディーゼエンジンの場合は、ガソリンエンジンと異なり、軽油が使われています。

軽油には、ガソリンと比較すると、多くの硫黄分が含まれているので、燃焼する際に、硫黄酸化物を形成し、水と反応することにより、硫酸がエンジン内部を腐食させてしまいます。

内燃機関は、燃焼の際、高圧となった排ガスや未燃焼の混合気がピストンとシリンダーの隙間より、クランクケース内へと漏れ出す現象が発生し、未燃焼のガスが発生します。

エンジンは、有害な物質を、吸気マニホールドに戻し、再燃焼しているが、エンジンオイルにも入り込むため、硫酸が問題になります。

エンジンオイルは、人間でいうところの血液に例えることができ、エンジンは心臓に例えることができます。

どちらも生きる上で、重要なものになり、これらが良くないと様々な病気を引き起こし最悪の場合、命に係わることもあります。

車も同様で、しっかりとエンジンオイルのコンディションを良い状態でキープしなければなりません。

エンジンオイルの役割としては、潤滑作用、密封作用、冷却作用、洗浄分散作用、防錆作用などがあります。

特にマツダの場合、ディーゼルはディーゼルでも、環境に配慮したクリーンディーゼルであり、こうした専用のエンジンオイルは。通常のガソリンのエンジンオイルよりも高価なものになります。

ディーゼルエンジン専用というのは、この硫酸を中和させるアルカリ成分が添加剤として、加えられており、これがガソリンのエンジンオイルと異なる点になります。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ オイル量 オイル粘度

アクセラスポーツのオイル粘度を見ていきたいと思います。

新車時には、各自動車メーカーが推奨するオイル粘度のエンジンオイルが入ってます。

どこで調べれば良いかというと、車に付属している取り扱い説明書にて確認することができます。

勿論、車種によって、オイルの推奨粘度が異なり、オイルの粘度については、SAE規格によって決まっています。

SAE規格とは、アメリカの自動車技術協会が定めた定義で、エンジン毎に、適切な粘度のオイルを使用することで、エンジンが最大限の力を発揮することができる際の判断数字になります。

オイルの粘度というのは、車種によって異なりますし、気温や使用条件等によっても異なってきます。

一般的に、5W、10Wなどの低粘度なものは始動性が良くて、30、40、50Wなものほど、高性能になります。

スカイアクティブエンジン搭載のアクセラの場合、メーカーの推奨は0W-20の粘度になっています。

この数値は、かなりのサラサラで、一般家庭で使用するサラダ油みたいなものになります。

つまり、0W-20という数値は、始動性が良くて、燃費向上の期待があるという意味になります。

オイル量としては、4.7L程度使用することになり、オイルフォイルもプラスの場合は、5L程度になります。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ オイル交換費用

ディーゼル車のエンジンオイルの交換目安としては、街乗りといった通常の走行では、概ね10,000kmかエンジンオイルを交換してから、1年になります。

シビアコンディションの場合は、より短期での交換が推奨されています。

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/service/parts/oil/maintenance/

シビアコンディションとは、営業車両として、毎日何百キロも走行するやことや、アップダウンが多い道でブレーキを多用するなど、通常の使用よりも、車に過度の負荷がかかる場合を指します。

費用がかかってしまうから、まだ交換しなくても大丈夫だろうといった安易な考えは、車に影響をあたえるため、しっかりとメンテナンスを行うことで、長く安心して乗ることができます。

先に記載の通り、ディーゼル車は、近所のスーパーに買い物などといった、いわゆるチョイ乗りばかり繰り返すと、機器内にススが溜まってきてしまいます。

一定の距離を走行すれば、解消されますので、車を長く乗るためにも、オイル交換といったメンテナンスに加え、車を走らせることも意識する必要があります。

アクセラスポーツディーゼルエンジンのオイル交換費用は、概ね3,000円~10,000円となっています。

ディーラーで行う場合は、メーカー純正のオイルを使用しますので、費用としては、高くなる傾向があります。

カー用品店などの量販店でオイル交換を行う場合は、売られているオイルも車種ごとの推奨品がありますし、工賃を加味しても、ディーラーよりは安くなる傾向があります。

メーカー純正品でないオイルを入れたために、直ぐに車が故障したということはあまりありませんので、費用を抑えたい方は量販店が良いということになります。

一方、ディーラー等で使用する純正オイルの場合、メーカー品のものになりますので、車に合った専用のオイルを使用すること、またマツダに特化した整備士の方が作業を行ってくれるという安心感がありますが、反面に値段が高いということになります。

ディーラーで作業することは、日々マツダ車のみの整備を行っているスペシャリストが整備を行ってくれますので、多少値段が張っても、安全・安心を重視する方は、ディーラーが良いということになります。

また、マツダのディーラーの販売会社によっては、オイルメンバーズというお得なサービスを行っているところもあるようです。

エンジンオイル交換を5回、3回セットにしたもので、1回ごとに交換するよりも費用を抑えることができます。

長距離や、多頻度で車を使用される方にはオススメのものになります。

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク