アクセラ・スポーツ ディーゼルモデルの加速性は?

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ ディーゼルの加速性能確認

マツダの3代目アクセラスポーツは、「魂動」のデザインにより、先代のものと比較してもよりスタイリッシュになりました。

そのプロポーションから、多くの人を引き付け、デザインに定評があるということは既にご承知のことと思います。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/

アクセラスポーツのデザインに定評はありますが、果たして、「走り」に関しては、どうなのでしょうか?

勿論、マツダは「走り」にもこだわりがあり、今やマツダといえば「ディーゼル」といわれるようになりました。

ここから、マツダのアクセラスポーツディーゼルモデルの加速性能について見ていきましょう。

そもそもディーゼル車は、軽油を燃料とする車のことをいいます。

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactivd/interview/de_psc/01/

そんなの当たり前のことでしょうと思われる方もいると思いますが、昨今、テレビや新聞等で軽自動車なので軽油を入れたり、ハイオク車にガソリンを入れたなどの誤給油を耳にします。

うっかり間違えたということもありますので、ディーゼル車は「軽油」になりますので、注意しましょう。

仕組みとして、ガソリンエンジンの場合は、常温で常圧でも燃えやすいものになりますが、ディーゼルエンジンの場合は、高温で高圧の場合に燃焼するという違いがあります。

ディーゼルエンジンの場合、燃費は、ガソリン車に比べ良い傾向にありますが、走行時の騒音や振動といった問題もあります。

現在では、技術力の向上により、ディーゼルエンジンでも走行時の音がだいぶなくなっているように感じます。

また、ガソリンエンジンは、点火プラグにより、着火させるのに対して、ディーゼルエンジンの場合は、空気を圧縮して高温にした状態で、軽油を噴射することで、自然に発火させるものになります。

そのため、ディーゼルエンジンの売りは、加速がパワフルで、トルクが大きくなることが挙げられます。

加速が良いということは、ディーゼルエンジン最大のメリットになります。

アクセラスポーツディーゼルモデルの場合、1.5Lディーゼルエンジンで0-100km/hの加速タイムは9.5秒になります。

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactivd/interview/de_psc/01/

ちなみに日産のGTRは0-100km/hで2.7秒になります。

比較する対象が違うかと思われるかもしれませんが、ディーゼルはそれほど加速性能が良いということになります。

ディーゼルエンジンの強大なトルクは、車重量関係なく、車を前へ前へと加速させてくれます。

このディーゼル車は、私たちの身のまわりの乗り物にも多く搭載されており、例えば、バスやトラックなどが挙げられます。

これらは、長い距離や坂道などを発進する機会が多く、多くのパワーを必要とするため、ディーゼルエンジンなのです。

アクセラスポーツのスカイアクティブDエンジンは、ミラーサイクルと呼ばれる、エンジン駆動サイクルが採用されています。

これは、少量の燃料から生じる爆発エネルギーを多くの回転エネルギーに変えることをいいます。

ただ、ミラーサイクルエンジンの場合は、本来の排気量の出力が使えず、圧縮比も低下してしまうというデメリットがあります。

ところがマツダは、独自の技術により、ミラーサイクルエンジンのデメリットである低圧縮を高圧縮にしています。

また、ディーゼルエンジン車のメリットとして、燃料代が安いことが挙げられます。

ガソリンスタンドに行くと、軽油の方がガソリンに比べ、安くなっています。

これは、軽油の引取り税がガソリン税よりも約20円程安いためになります。

そのため、ディーゼル車の場合はお財布に優しものとなっています。

また、燃料(軽油)が安いということに加えて、ディーゼル車の場合は燃費が良いため、ガソリン車程、そもそも、燃料の使用量が少なくて済みます。(走行距離、使用環境により異なります。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ ガソリンモデルの加速性の確認

アクセラスポーツの1.5Lガソリンエンジンの0-100km/h加速タイムは、11.30秒ほどになります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/driving/

他社のライバル車と比較すると、トヨタ ヴィッツ(ガソリンエンジン)は、0-100km/h加速タイムは、12.7秒、ホンダフィット(ガソリンエンジン)は0-100km/h加速タイムは、7.9秒、スズキ スイフトスポーツは0-100km/h加速タイムは、7.3秒となっています。

このタイムは、人によって感じ方の個人差があるとは思いますが、一般的なものとすると、普通の加速性能になります。

アクセラスポーツの車体から考えると、少し不足気味な感じもしますが、実用的な車であり、上質な車であることを踏まえると比較車は見当たらないかと思います。

以上のことから、マツダのアクセラスポーツガソリンの加速は、そこそこの加速という位置づけになります。

1.5Lのため、回すとそれなりにしっかりと加速はしてくれますが、上り坂等の場合は、エンジンを回さなければならず、エンジン音が響いてきます。

そこは、ガソリン車のため、ディーゼルエンジンと比較してはいけませんが、坂を頑張って登っているという感じのナチュラル音がしてきます。

ガソリンエンジンの場合、回してなんぼということになりますので、致し方ない点でもあります。

一方平坦な道の場合、しっかりとトルクがかかり、フィーリングも良く、走りやすいものになっています。

アクセルペダルをしっかりと踏み込んだ分だけ、車が加速してくれるといったイメージになります。

前述の通り、加速が良いわけではありませんが、アクセラスポーツの場合、アクセルペダルを踏み込んだ時の車の応答性が他社の車と比較しても、とても優れていると思います。

これらの車種は、スポーツ性能を重視している、環境・経済面を重視している、各社により、コンセプトも違うので、どれが一番良いかとは一概に言うことはできません。

ただ、アクセラスポーツには、G-ベクタリングコントロールたるものがあります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/driving/gvc/

このGベクタリングコントロールは、ドライバーのハンドルのきり幅によって車のシャッシーやブレーキをコントロールし、マツダの言う「人馬一体」を目指すものになります。

このGベクタリングコントロールに関して、高評価の意見が多いことも周知されています。

そのため、凸凹のワインディングロードや、高速道路のジョイント箇所なども気持ちよく、アクセラスポーツは走ってくれますし、実際の走行時には、身体の揺れを抑え、疲れにくいと感じることができるほどです。

スポンサーリンク

アクセラ・スポーツ 加速性能比較まとめ

最後に、年式・車種等にもよりますが、軽油とガソリンの簡単な比較まとめをします。

燃料に関しては、ディーゼルは軽油になり、ガソリンはガソリンになります。

ガソリンスタンドに行くと分かりますが、どこのガソリンスタンドも、ガソリンよりは軽油の方が安いです。

環境性能としては、昔はディーゼルというと、環境にとても悪いものだという印象がありましたが、昨今「クリーンディーゼル」なるものが登場してからは、ディーゼルもガソリンと変わらない程良くなりました。

走行性能としては、ディーゼルの方が、加速時からのパワーを発揮し、ガソリン車の場合は、高速走行時の加速が安定という面があります。

価格面では、ディーゼル車の車両価格は高く、ガソリン車の価格は安くなります。

加速面では、数値的にもやはり、ディーゼルに軍配が上がりました。

マツダはどちらかというと、「ディーゼルを売りにしている」ため、ディーゼルモデルを選ぶ方がお得なのではないかと思います。

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク