マツダ3 比較まとめ インプレッサ カローラ シビック等

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

マツダ3とライバルを徹底比較

マツダの最新技術を盛込んでいるのがマツダ3。

世界的カテゴリーでいえば、VWゴルフ、ベンツAクラスなどが競合車になってきますが、国内でもライバル車は多数あります。
本記事では、マツダ3の国内ライバル車について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

インプレッサ

インプレッサスポーツですが、
全長×全幅×全高:4460×1775×1480mmとなっています。
一方マツダ3のハッチバックですが、全長×全幅×全高:4460×1795×1435mmであり、ほぼ同サイズになります。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

マツダ3の方が少し幅広で、全高が低いことがわかります。

マツダ3のインテリアは、新型車ということもあり、立体感もあるため、見栄えの新鮮さやスイッチの操作性を両立させております。

一方で、インプレッサスポーツは、インパネの周りは、上品で、スイッチの操作性質も良いが、先進的デザイン感は、マツダ3が上まわると思います。

スポンサーリンク

カローラ

カローラフィールダーですが、サイズ感的には、マツダ3のライバル車になります。

カローラーフィールダーは荷物が沢山積載することが可能であり、マツダ3はこの点で劣っています。

外装・内装のデザインはスタイリッシュなマツダ3の方に軍配が上がります。

以下カローラーフィールダーの内装デザインになります。

引用:https://toyota.jp/corollafielder/equipment/

一方で。こちらがマツダ3の内装になります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/

グレードの違いはありますが、圧倒的にマツダ3の方が質感が高いことがお分かりいただけると思います。

スポンサーリンク

シビック

シビックですが、マツダ3と比較していきましょう。

外装・内装のデザイン面を考えると、他同様に、マツダ3に軍配があがります。

マツダ3の質感は本当に良く、高級車さながらの良さを実現していると思います。

走りに関しては、やはりホンダのシビックに軍配があがります。

俊敏な走りがあり、それに対応するハンドリングの良さ=「これがシビックだ」というような気持ちにさせてくれます。

この点、まだマツダ3にはなく、走りを求める方にはシビックがオススメになります。

ヴェゼル

ホンダのヴェゼルですが、こちらはジャンルとしては、コンパクトSUVになり、マツダ3とは少しジャンルが異なります。

とはいえ、同じコンパクト車であり、十分マツダ3と比較される方はいるかと思います。

ヴェゼルの最大の強みは値段になります。

発売から時がかなり経っているので、中古車も豊富であり、新車価格もマツダ3と比較すると、お手頃なところが魅力になります。

また、人気のSUVになるので、車高が高く、運転しやすい特徴もあります。

良い意味で「楽な車」ですので、そういったところを求める方にはマツダ3よりもヴェゼルに軍配があがります。

XV

スバルのXVですが、ホンダのヴェセル同様にコンパクトSUVのジャンルになります。

マツダ3と比較される方は十分にいるでしょう。

XVの売りは、値段がマツダ3と比較して手頃なところ、スバルのアイサイト技術になるかと思います。

車高が高いので運転のしやすさという点もメリットがあります。

外内装のデザインということを考えると、マツダ3の軍配が上がります。

スバル車は全体的に内装のチープさがあります。

どちらに重きを置くかによって、選択すると良いでしょう。

ゴルフ

ヨーロッパでは大衆車であるVWのゴルフ。

ゴルフそのもののスペックや走りはレベルが高く、定評もあるのは事実です。

輸入車であるため、お値段的にはやや高いことがデメリットであります。

マツダ3もヨーロッパでは定評があるため、お互いライバル車のなかでも本当のライバル車となりうるかも知れません。

引用:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html

燃費を比較すると、市街地走行でマツダ3は平均21km/Lであるが、ゴルフは13.0km/Lとマツダ3に軍配があがります。

マツダのスカイアクティブ技術の良さを改めて気づくポイントであります。

燃費で考えるとマツダ3がオススメであります。

V40

ボルボV40ですが、最近はスタイリッシュな外観であり、街中で良く見かけるようになりました。

全長×全幅×全高:4370×1800×1440mmとなっており、日本の道路事情を考えたサイズ展開となっており、人気があります。

引用:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v40/specifications

一方、マツダ3のハッチバックですが、全長×全幅×全高:4460×1795×1435mmとなっており、ボルボV40とほぼサイズ感は一緒になります。

外装面ではマツダ3・ボルボV40共にスタイリッシュなデザインであり、好みの問題かなと思います。

一方内装では、マツダ3に軍配が上がります。

新型ということもあってインテリアのデザインが先進なイメージがあります。

また、ドライビングポジションにもマツダはこだわりがあるため、長距離運転をする際も疲れを感じさせないのもマツダ3であります。

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク