マツダ3 内装 後部座席 荷室 車中泊情報 まとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

マツダ3の内装を徹底まとめ

マツダ3は、美しいフォルムを兼ね備え、上品な作りになっており、人気の理由となっています。

内装面でも、高級車と変わらない装備や質感を兼ね備えております。

この記事では、内装についてフォーカスをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

マツダ3の内装

①マツダ3シート

マツダはこれまで、シート作りに独自の哲学を持っており、ドライバー側目線での開発に取組んでいました。

具体的に、骨盤をキレイに包み込み、人が直立で立っている状態と同じ姿勢を座っている場合でも保てるように設計しています。

ドライバーの負担減を本気で考えているマツダの出した答えなのでしょう。

PROACTIVE Touring Selection からは2メモリー10wayパワーシートが標準で装備されますので、よりドライバーの運転をサポートしてくれます。

②インテリア(安全技術)

マツダ3は全ての車に安全技術が標準装備されております。

さらに、360゜ビューモニターが全グレードで選択可能となっており、安心です。

駐車時のサポートは勿論のこと、T字路への侵入じ、歩行者・自転車の急な飛び出しにも安全に対応することができます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/safety/i-activsense2/

スポンサーリンク

後部座席

マツダ3の後部座席について見ていきたいと思います。

①ファストバック

マツダ3はの売りの1つとして、フロントからリアにかけての美しいフォルムであります。

やはり美しいフォルムに重きを置いている分、後席は犠牲になっている面があります。

評価としても「狭い」という意見がやはり多いです。

ルーフ高が1,440mmと低くなっており、後席に乗る際は、頭上に注意が必要になります。

実際に乗ってみると、前のシートとの感覚は狭く足元に余裕がありません。

また、頭上の高さにも注意が必要です。(背の高さにもよります)

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

②セダン

セダンの後部座席についてですが、ファストバックと比較すると、形状が異なりますので、乗り降りはしやすく、居住性も良いことになります。

ヘッドルーム付近は狭いため、人によっては、ファストバック・セダン共に狭いという評価の方もいます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/

スポンサーリンク

荷室

マツダ3の荷室について見ていきたいと思います。

①ファストバック

普段のお買い物やちょっとした物を積むのであれば、問題はありませんが、ゴルフバックなどを積載するのであれば、少し狭い印象です。

後席を6:4に分割することが可能ですので、2名のみの乗車であれば、シートを倒してゴルフバックもゆったり乗せることが可能です。

マツダ公式HPによると、定員乗車時でも、67Lのスーツケースを2個積載可能となっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality/

②セダン

セダンの荷室ですが、ファストバックと比較して、積載力があります。

67Lのスーツケースを3個、または9インチのゴルフバックを2個収納することができます。

荷室にかんしては、セダンの方が使い勝手は良いことになります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality/

車中泊

最後に、マツダ3での車中泊の可能性、どのように車中泊を行うのか見ていきたいと思います。

①ファストバック

ファストバックの車中泊についてですが、可能といえば可能です。

少し微妙なニュアンスとなっていますが、エアマット・マットレス等を敷き、助手席を一番前まで押し出すことで、窮屈な姿勢にはなりますが、可能となります。

ネット通販等でもマツダ3の車中泊グッズがファストバック・セダン共にありますので、車中泊グッズの需要もあるということかと思われます。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/interior/functionality/

②セダン

セダンに関しては、ファストバックと比較すると何ら問題なく車中泊が可能です。

お値段以上のキャッチフレーズでお馴染みの、某二〇リなどに売っているマットレス(縦190cm、幅90cm)を後席~トランク付近に敷けば寝床が完成します。

足を伸ばして、ゆっくり寝ることが可能ですが、少しリアシートがフラットにならない分、傾斜ができてしまいます。

そこが、少し我慢ポイントでありますが、十分車中泊可能となります。

簀の子を引いてみると、フラットにすることも可能かも知れませんので、試してみる価値はありそうです。

 

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/grade/

 

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク