マツダ3燃費比較 ディーゼルとガソリンの燃費まとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

マツダ3の燃費を紹介

カッコ良くて美しいボディスタイルであるマツダ3。

名前も先代のアクセラからマツダ3という名前に変わり、気合が入っております。

マツダ3のカタログ燃費は、ガソリンエンジンでグレードにもよるが、15.6km/L~16.6km/Lとなっております。

ディーゼルエンジンでは、18.8km/L~19.8km/Lとなっており、やはりディーゼルが一枚上手になります。

実燃費は、ガソリンエンジンで12.2km/L~18.53km/L、ディーゼルエンジンでは、17.8km/L~18.42km/Lとなっております。

マツダ3で採用されているWLTCモード燃費は従来のJC08モードの燃費よりも実燃費の差は少ないと言われています。

以下マツダ3の燃費について詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

マツダ3ガソリンとディーゼルの比較

まず「維持費」の面で見ていきたいと思います。

維持費についてですが、車両本体に関しては、やはりガソリン車よりもディーゼル車の方が高くなる傾向があります。

ディーゼルエンジンは、ガソリンよりも高い圧縮比で燃焼されるため、高い強度や耐久性のあるエンジンにしなければならないためになります。

引用:https://www.mazda.com/ja/innovation/technology/skyactiv/skyactiv-d/

初期費用ということを考えれば、ハイブリッド車同様に高くなってしまいます。

しかし、ディーゼル車は燃料を軽油とするため、ラーニングコストは抑えることが可能になります。

マツダ3をどのくらい乗るのかによっても左右されてきます。

3-4年で乗り換える検討している場合、初期費用の高いディーゼル車を購入し、月々の燃料代を安くすることができたとしても、基を取ることはできません。

そういった点を踏まえる必要はあるかと思います。

スポンサーリンク

マツダ3スカイアクティブX、マイルドハイブリッドの燃費

マツダ3は様々な先進技術がありますが、特に注目すべきは、「スカイアクティブX」ではないでしょうか。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/driving/skyactiv-x/

スカイアクティブXは、ガソリンエンジンをディーゼルのように自己着火させることで、従来よりも希薄燃焼を実現し、少ない燃料で高い効率の燃焼を実現させた世界初のエンジンとなります。

いわば、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの良いとこどりのエンジンがスカイアクティブXエンジンであります。

スカイアクティブXのカタログ数値で、17.2km/Lであり、実燃費は16.2km/Lとなっております。

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/dynamics/skyactivg_skyactivd/01/

結論からいうと、ディーゼルエンジンには適わないものの、ガソリンエンジンとしては、非常に高い燃費性能を示してくれます。

スポンサーリンク

マツダ3排気量で燃費を比較

ここからは、マツダ3をカタログ数値排気量別で比較したいと思います。

ガソリンの1.5G 2WDですが、16,6km/L~17.8km/Lとなります。

ガソリンの2.0G 2WDですが、15,6km/Lとなっております。

ディーゼル1.8Dで19.8km/Lとなっております。

正直、個人的にガソリンエンジンでもこのくらい数値であれば、申し分ないのではないかと思います。

ディーゼルエンジンに関しては、流石といった印象です。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda3/design/fastback/

先に記載の通りマツダ3は、WLTCモードというものを採用しており、カタログ数値とあまり乖離が少ない方法をとっております。

WLTCモードとは、市街地・郊外・高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モード手法になります。

従来のJC08モードでは試験室内で車が走行し、走行中はエアコンなどの電装品は付けないという現実とはかけ離れた手法で算出された燃費であり、今後WLTCモードのような国際基準が採用されていくものと思われます。

マツダ3ライバル車と燃費を比較

最後にマツダ3のライバル車の燃費について見ていきたいと思います。

アテンザのガソリン車でカタログ数値上、WLTCモードで15.0km/Lとなっております。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/?car_id=mazda6-wagon

WLTCモードですので、先に記載の通り、実燃費もあまりかけ離れないかと思われます。

次にインプレッサですが、JC08モードで16.0km/L~17.2km/Lとなっております。

こちらはJC08モードですので、カタログ数値の7割が実燃費と思われます。

最後にカローラフィールダーですが、JC08モードで17.6km/L~23.0km/Lとなっております。

カローラーフィールダーはカタログ数値上はまずまずの燃費になりますが、荷物を沢山積載する方が多い車だと思われますので、カタログ数値の6割ぐらいが実燃費の可能性もあります。

いずれにしても、マツダ3の方がデビューが浅いですし、燃費に関しても一枚上手であると思います。

【アクセラ】が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この【車種名】、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」
など、【車種名】の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。
家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。
そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク